HCMHRの特徴


HCMHR独自の一次選抜

受入れ側の面接前に2週間程、
泊まり込みでの日本語教育普段の生活から態度や姿勢を審査(面接前の一次選抜講習:

【1】勉強、生活の姿勢を評価
【2】日本語の習得能力を評価

HCMHR候補生希望者のうち、40%は不合格(不合格者の8割
は素行不良)
常に一次選抜で合格して候補生
として登録している数は400名
以上います。

直接法での日本語教育

企業面接の合格者は、全寮制JVNET事前講習センターに入校します。

【1】6ヶ月間日本環境に近い全寮制学校での日本語、マナー教育を実施

【2】教師数50名(内、日本人9名常勤)
【3】日本語で日本語を教える、直接法での日本語教育

心理学の導入

日本での技能実習は、自分自身の夢や目標を達成する為の手段であることを認識させます。

【1】帰国後の自分自身の目標設定

【2】日本での技能実習は、目標を達成する為の手段であること
を理解